事業承継方法について

事業承継を考えるなら

事業承継をスムーズにする方法

事業は時間の経過により、いずれ後継者に引き継がれます。事業承継がうまくいかなければ、資産だけでなく、得意先などの評価できない財産まで失って廃業となります。事業承継は、物理的には、経営者の地位の引き継ぎ、株式の異動を考えれば良いでしょう。しかし、最も課題となってくるのは、後継者の教育です。経営者とは何か、当社の特色や理念は何か、どのようなノウハウが引き継がれるべきかを良く話し合って実践して、はじめて事業が継続してゆくことを考えてゆく必要があります。

↑PAGE TOP