フランチャイズの経営

フランチャイズ経営について

フランチャイズ経営とは

フランチャイズ経営と聞くとコンビニを思い浮かべる人が多いと思います。この方法は本部が効率的に店舗を拡大するために新しいオーナーを迎えいれることで、短期間で成果の出る店を作ることを言います。フランチャイズの経営は仕入れの仕方や販売、接客方法等コンビニに必要なノウハウをみんな教えてくれます。その代わりにオーナーは本部に対してロイヤリティを支払います。この方法のメリットはお客さんが知らないところにいても、いつも目にするお店があればそこに入りやすくなるということです。畑違いの職種からでも簡単に転職できて、成功しやすいというのもこの制度の魅力です。

フランチャイズでコンビニ経営

フランチャイズ加盟によるコンビニ経営の利点は、チェーン店として既に構築された高いブランドイメージをそのまま利用出来る点と、運営全般に関する効果的な指導が受けられる点にあります。経験や事業の構築に関する面で独立に不安を抱えているようなケースでは、非常に心強いサポートとなります。フランチャイズ側もその事は良く認識していて、最近は最低収入を保証したり、10年以上の長期契約を結んで長く経営を続けられるような体制を整えています。一定の事業をリスク分散しつつ成り立たせ易いという利点があり、利益を積み上げる醍醐味を両立させる事が可能になっています。

↑PAGE TOP